キーワードを入力:

閉じる

文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
  • 小さく

皆様の、健康づくりをお手伝い

複十字シール運動

複十字シール運動は、結核予防を目的に世界の各国で行われています。募金をしていただいた方に複十字シールを差し上げ、それを使うことで結核予防思想の普及の一翼を担っていただくというものです。日本の複十字シールは1952年に作られ、以後毎年新しいデザインが生まれています。

複十字シール運動

複十字(Double-Barred Cross)は、9世紀頃、あるキリスト教派の象徴として使われていました。その後、第1回十字軍の指揮官ローレーヌ公がこれを楯の紋章にして戦ったことからローレーヌ十字とも呼ばれ、平和と希望の象徴となりました。1902年、ベルリンでの第1回国際結核会議で、複十字を結核予防運動の世界共通のシンボルマークとすることが決定され、以来世界中で使われています。

知事表敬訪問の報告

平成29年8月1日から12月31日までの複十字シール運動にあたり、平成29年7月20日に知事表敬訪問を行いました。

<訪問内容>

楠元支部長より本県の結核の状況報告を行い、まだまだ結核は主要な感染症の一つであることを説明した。谷口宮崎婦人連絡協議会 会長からは結核は過去の病気という認識や、若い世代の結核への認識が薄いことなどを話され、広報活動を進めていくうえで県の協力を得たいと話された。

過去の活動の様子

平成28年度 知事表敬訪問

  • がん検診受診率向上プロジェクトがん検診受診率向上プロジェクト
  • 宮崎県健康づくり推進センター宮崎県健康づくり推進センター
  • がんネットみやざきがんネットみやざき
  • ピンクリボン活動みやざきピンクリボン活動みやざき
  • 公益財団法人結核予防会公益財団法人結核予防会
  • JKA補助事業JKA補助事業
  • 日本対がん協会日本対がん協会
  • 予防医学事業中央会予防医学事業中央会
  • 全国労働衛生団体連合会全国労働衛生団体連合会