キーワードを入力:

閉じる

文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
  • 小さく

皆様の、健康づくりをお手伝い

胃がんリスク検査

  • ヘリコバクターピロリ抗体検査
    血液中のヘリコバクターピロリIgG 抗体(Hp抗体)検査でピロリ菌感染の有無を、ペプシノゲン(PG)検査で胃粘膜萎縮度を調べ、その結果を組み合わせて胃がん発生リスクをA,B,C,Dの4群に分類して評価する検査です。胃がんになる確率の高いハイリスク・グループを選別できることが分かっています。
     

    検査内容】

      ・問診

      ・血液検査 ・・・・ ヘリコバクターピロリIgG 抗体(Hp抗体)、ペプシノゲン(PG)        

 

 

 

 

  • がん検診受診率向上プロジェクトがん検診受診率向上プロジェクト
  • 宮崎県健康づくり推進センター宮崎県健康づくり推進センター
  • がんネットみやざきがんネットみやざき
  • ピンクリボン活動みやざきピンクリボン活動みやざき
  • 公益財団法人結核予防会公益財団法人結核予防会
  • JKA補助事業JKA補助事業
  • 日本対がん協会日本対がん協会
  • 予防医学事業中央会予防医学事業中央会
  • 全国労働衛生団体連合会全国労働衛生団体連合会