キーワードを入力:

閉じる

文字の大きさ
  • 標準
  • 大きく
  • 小さく

皆様の、健康づくりをお手伝い

頸動脈超音波検診

頸動脈超音波検査は、超音波を利用して、血管の動脈硬化や狭窄、閉塞などを評価する検査です。頸動脈は、脳へと続く重要な血管で動脈硬化が起こりやすい部位です。頸動脈の動脈硬化を評価することで全身の動脈硬化の指標となります。

検診の内容
  ・問診

  ・頸動脈の超音波(エコー)検査

 頸動脈は、脳へと続く重要な血管で動脈硬化が起こりやすい部位と言われています。  頸動脈に動脈硬化がみられると、他の部位の動脈硬化も進行していると考えられますので、心筋梗塞や脳梗塞などの心脳血管疾患を起こしやすいと言えます。動脈硬化を起こすと血管壁が厚くなります。その様子を画像で観察します。

【検査方法】

ベッドに仰向けで寝ます。超音波(エコー)の伝わりを良くするゼリーを首に塗り、超音波画像で頸動脈を観察します。

【検査でわかること】
動脈硬化の指標である頸動脈の壁の厚さ、限局性のふくらみ(プラーク)を観察します。

観察する血管の位置が高い(耳の付け根から上)場合は観察することができず評価が不十分になる場合があります。

頸動脈超音波検診を受けられない方

  仰向けで寝るのが困難な方

頸動脈以外の疾患が発見される可能性について
頸動脈超音波検診では、頸動脈以外(頸部、甲状腺など)の病気が発見される場合があります。

当協会での頸動脈超音波検診は、原則、頸動脈以外は検査対象ではありませんが、観察された範囲内で精密検査を必要とする所見についてはお知らせし、診療情報提供書を発行しますので、専門医療機関の受診をお勧めします。

個人情報の取扱いについて

頸動脈超音波検診結果は、検診委託元(市町村等)と情報を共有するとともに法令を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

頸動脈超音波検診結果の見方

● 頸動脈超音波検診結果の見方 ●
頸動脈は、脳へと続く重要な血管で動脈硬化が起こりやすい部位と言われています。
頸動脈に動脈硬化がみられると、他の部位の動脈硬化も進んでいるものと考えられます。
頸動脈超音波検診は、動脈硬化の指標である頸動脈の壁や、限局性のふくらみ(プラーク)の厚みと状態を観察します。

 

  • 宮崎県健康づくり推進センター宮崎県健康づくり推進センター
  • がんネットみやざきがんネットみやざき
  • がん検診受診率向上プロジェクトがん検診受診率向上プロジェクト
  • ピンクリボン活動みやざきピンクリボン活動みやざき
  • 公益財団法人結核予防会公益財団法人結核予防会
  • 日本対がん協会日本対がん協会
  • 予防医学事業中央会予防医学事業中央会
  • 全国労働衛生団体連合会全国労働衛生団体連合会
  • 日本宝くじ協会日本宝くじ協会
  • JKA補助事業JKA補助事業